カラスビシャク

トップ > オモダカ目 > サトイモ科

 「カラスビシャク」は北海道から九州にかけて分布するオモダカ目サトイモ科の多年草です。山地の道端や畑地などで見ることができ,地下茎は球茎をしています。
 花期は5月から8月で,花茎は20cmから40cmくらいになり,緑色の仏炎苞に包まれた肉穂花序をつけます。花序の付属体は長く伸びて直立します。「半夏(はんげ)」,「狐の蝋燭(きつねのろうそく)」,「蛇の枕(へびのまくら)」などの別名があります。