セリバヒエンソウ

トップ > キンポウゲ目 > キンポウゲ科

 「セリバヒエンソウ」は中国原産のキンポウゲ目キンポウゲ科の一年草です。日本に移入されたのは明治時代で,現在では関東地方で野生化したものが見られます。
 明るい林内や草地などで生育し,草丈20cmから40cmくらいになります。花期は4月から5月で,淡紫色の独特の形をした花を咲かせます。名前の由来は葉がセリの葉に似ていて花を飛んでいるツバメに見立てて,「芹葉飛燕草(せりばひえんそう)」と名付けられました。

←葉の様子です。