コウボウシバ

トップ > イネ目 > カヤツリグサ科

 「コウボウシバ」は北海道から九州にかけて分布するイネ目カヤツリグサ科の多年草です。海岸の砂地などで普通に見ることができ,太い地下茎を伸ばして増えていきます。
 花期は4月から7月で,茎の先端に雄小穂を,葉腋に雌小穂を数個つけます。名前の由来は同じ砂浜に生育する「コウボウムギ」より実が小さいところから付けられました。