カマツカ

トップ > バラ目 > バラ科

 「カマツカ」は北海道から九州にかけて分布するバラ目バラ科の落葉小高木です。山地の日当たりのよい林縁などに自生し,樹高5mから7mくらいになります。
 花期は4月から6月で,枝の先に複散房花序をつけて白色の花を10個から20個咲かせます。材は粘り強く,鎌の柄にしたことが名前の由来になっています。別名「ウシコロシ」の名前がついていますが,ウシの鼻環としたからという説と,鼻環の孔あけに使用したという説があります。