ショウブ

トップ > オモダカ目 > ショウブ科

 「ショウブ」は北海道から沖縄にかけて分布するオモダカ目ショウブ科の多年草です。池や小川などに生え,草丈50cmから90cmくらいになります。
 茎は湿地の泥の中を横に這い,葉を伸ばします。花期は5月から7月で,葉と同じ形をした花茎を伸ばして,黄緑色の肉穂花序をつけます。葉が刀に似ていることや爽やかな香りが邪気を払うといわれ,縁起のよい植物とされて菖蒲湯として用いられるようになりました。