ヒメイチゲ

トップ > キンポウゲ目 > キンポウゲ科

 「ヒメイチゲ」は北海道から近畿地方にかけて分布するキンポウゲ目キンポウゲ科の多年草です。亜高山帯の針葉樹林や高山帯のハイマツ林の林縁などで見ることができ,草丈5cmから15cmくらいになります。
 葉は3枚が輪生し,1枚の葉は3つに分かれています。花期は5月から6月で5弁の白い花を1輪つけます。花弁に見えるのはガクで花弁はありません。本種はイチリンソウ属の中でも小さくて繊細な容姿から「ヒメイチゲ」の名前がついたといわれています。