コミヤマカタバミ

トップ > カタバミ目 > カタバミ科

 「コミヤマカタバミ」は北海道から九州にかけて分布するカタバミ目カタバミ科の多年草です。山地から亜高山帯の針葉樹林内に生育し,草丈5cmから10cm程度になります。
 葉はハート型をした3枚の小葉からなり,4月から6月頃に白い5弁の花を咲かせます。花弁には淡紫色の脈が入ります。花は夜になると閉じ,明るくなると開きます。