マイヅルソウ

トップ > キジカクシ目 > キジカクシ科

 「マイヅルソウ」は北海道から九州にかけて分布するキジカクシ目キジカクシ科の多年草です。亜高山帯の針葉樹林などで見ることができ,草丈は8cmから20cm程度になります。
 葉は細長いハート型をしており,5月から7月頃に花序を伸ばし白い小さな花を多数咲かせます。葉の形をツルの羽に見立て,舞を舞っているように見えることが「舞鶴草」の名前の由来になっています。