ウワバミソウ

トップ > バラ目 > イラクサ科

 「ウワバミソウ」は北海道から九州にかけて分布するバラ目イラクサ科の多年草です。山地の湿った所に生えるところから「ミズ」や「ミズナ」などと呼ばれることもあります。
 草丈は30cmから40cmになり,葉は無柄で長楕円形をしており,鋸歯があります。花期は4月から6月で,葉腋から散形花序をだし,緑白色の花を咲かせます。茎は柔らかく食用にすることができます。ウワバミ(大蛇)が出そうな場所に生えることが名前の由来になっています。