イワナシ

トップ > ツツジ目 > ツツジ科

 「イワナシ」は北海道南西部から本州の日本海側に分布するツツジ目ツツジ科の常緑小低木です。日本固有種で山地から亜高山帯の林縁などに生育します。
 樹高は10cmから15cm程度で地上を這って広がります。葉は卵形で先端は尖り,短い柄を持って互生します。花期は5月から6月で,枝の先に数個の淡紅色の花を咲かせます。花後に梨に似た味のする果実を付けることが名前の由来になっています。