タケシマラン

トップ > ユリ目 > ユリ科

 「タケシマラン」は北海道から本州中部にかけて分布するユリ目ユリ科の多年草です。山地から亜高山帯の林内や林縁などで見ることができ,草丈20cmから50cmくらいになります。
 茎は根元近くで2つに分かれ,葉は竹に似て互生します。花期は5月から6月で,葉腋から花柄を伸ばして,黄色い小さな花を1個ずつ咲かせます。花後には赤い実をつけます。