ノボロギク

トップ > キク目 > キク科

 「ノボロギク」は北海道から沖縄にかけて分布するキク目キク科の越年草または一年草です。ヨーロッパ原産の帰化植物であり,日本には明治初期に渡来し,現在では道端や空き地のほか畑などでも見ることができます。
 葉は互生し,ツヤがあって柔らかく春菊のような葉をしています。茎は中空で草丈20cmから40cmくらいになります。花期は5月から8月ですが,温暖な地域ではほぼ一年中見ることができます。頭花は黄色で普通筒状花だけの花をつけます。