アラゲヒョウタンボク

トップ > マツムシソウ目 > スイカズラ科

 「アラゲヒョウタンボク」は北海道から四国にかけて分布するマツムシソウ目スイカズラ科の落葉低木です。山地の林縁などで見ることができ,樹高1mから2mくらいになります。
 葉は長円形で対生し,葉の両面全体に粗い毛が生えています。花期は4月から5月で,白色の花を2個ずつ咲かせます。花後には実を付けますが,2個が合着してヒョウタンのような形になり,赤く熟します。