アベマキ

トップ > ブナ目 > ブナ科

 「アベマキ」は関東地方から九州にかけて分布するブナ目ブナ科の落葉低木です。山地に自生し,樹高15mくらいになります。
 樹皮はコルク層が発達して深い割れ目ができます。葉は互生し,縁には浅い鋸歯があり,裏には星状毛があり白っぽく見えます。花期は4月から5月で,雌雄異花で,雄花序は長さ約10cmで新枝の下部から垂れ下がります。果期は9月から10月で,いわゆるドングリをつけます。