トリガタハンショウヅル

トップ > キンポウゲ目 > キンポウゲ科

 「トリガタハンショウヅル」は本州から四国にかけて分布するキンポウゲ目キンポウゲ科のつる性低木です。低地から山地の林縁などで見ることができ,5mくらいまで伸びていきます。
 葉は3小葉からなり対生します。花期は5月から7月で葉の脇から長い柄を伸ばして釣鐘状の花を咲かせます。白い花弁のように見えるのはガクであり,その外側には毛が生えています。高知県の鳥形山で最初に発見されたことが名前の由来になっています。