スズムシソウ

トップ > キジカクシ目 > ラン科

 「スズムシソウ」は北海道から九州にかけて分布するキジカクシ目ラン科の多年草です。平地から亜高山帯の樹林内などで見ることができ,草丈15cmから30cmくらいになります。
 地面に球茎があり,そこから新芽を出し2枚の葉を広げます。花期は5月から6月で葉の間から花茎を伸ばして,淡藤色の花を多数咲かせます。名前の由来は花弁が鈴虫の翅に似ているところから付けられました。