セントウソウ

トップ > セリ目 > セリ科

 「セントウソウ」は北海道から九州にかけて分布するセリ目セリ科の多年草です。日本固有種であり森林の林床から林縁部などで見ることができ,草丈10cmから25cmくらいになります。
 葉は根生葉を多数だしますが葉柄は紫色を帯びています。花期は3月から5月で,葉の間から伸ばした花茎の先に複散形花序をだし,白い小さな花を咲かせます。