ヌマハリイ

トップ > イネ目 > カヤツリグサ科

 「ヌマハリイ」は北海道から九州にかけて分布するイネ目カヤツリグサ科の多年草です。山地の湿地や池沼などで見ることができ,草丈30cmから70cmくらいになります。
 花期は5月から10月で,「桿(かん)」と呼ばれる中空の茎の先に小穂を1個つけます。「クログワイ」と似ていますが,クログワイの小穂が緑色をしているのに対し,本種は黒褐色をしています。