ヒメヤシャブシ

トップ > ブナ目 > クルミ科

 「ヒメヤシャブシ」は北海道から本州の日本海側と四国にかけて分布するブナ目カバノキ科の落葉低木です。多雪地の痩せた土地や崩壊地に自生する先駆樹種で,樹高2mから7mくらいになります。
 樹皮は暗灰褐色でよく分枝します。葉は互生し,形は狭卵状披針形で先端は細長くとがり,基部は丸くなります。花期は3月から5月で,雌雄同株で雄花序は枝先に1個から3個程度垂れ下がります。雌花序は雄花序より下につき,楕円形をしています。