オオタチツボスミレ

トップ > キントラノオ目 > スミレ科

 「オオタチツボスミレ」は北海道から九州の日本海側に分布するキントラノオ目スミレ科の多年草です。やや湿った落葉広葉樹林や山道の道端などに生育します。  地下茎があり群生します。葉や花は「タチツボスミレ」ににており,花期は4月から6月で淡紫色の花を咲かせますが,タチツボスミレの距(きょ)が淡紫色をしているのに対し,本種の距は白色をしています。
→タチツボスミレ

 オオタチツボスミレの距は白色をしています。