セイヨウタンポポ

トップ > キク目 > キク科

 「セイヨウタンポポ」は北海道から九州にかけて分布するキク目キク科の多年草です。ヨーロッパ原産の帰化植物であり,1904年に北海道で確認され,現在では空き地や道端など至るところで生育しています。
 太い直根があり,葉はすべて根元から放射状に出ています。花期は3月から10月くらいまでと長く,黄色い舌状花を咲かせます。本種はガクのように見える総苞片が反り返ることで,他のタンポポと見分けることができます。