ニセカントウタンポポ

トップ > キク目 > キク科

 「ニセカントウタンポポ」は近年関東地方を中心に存在が確認されているキク目キク科の多年草です。外来タンポポ群の一つですが,従来の外来タンポポの総苞片は反り返りますが,本種の総苞片は反り返らず,黒緑色をしているのが特長です。
 花期は4月から5月で,他の外来タンポポが春から秋にかけて開花するのと異なっています。本種は外来タンポポと在来タンポポの雑種であるという説と別の系統の外来タンポポであるという説があり,詳しいことはまだよくわかっていません。