アマドコロ

トップ > キジカクシ目 > キジカクシ科

 「アマドコロ」は北海道から九州にかけて分布するキジカクシ目キジカクシ科の多年草です。山地などに自生し,草丈30cmから60cmくらいになります。
 茎には稜があり,弓状に曲がります。葉は互生し長楕円形〜狭長楕円形をしています。花期は4月から5月で,葉腋から白い筒状の花を1から2個ずつつけます。茎や根茎には甘みがあり,山菜として食用されます。「ナルコユリ」に似ていますが,本種は茎を触ると角ばっていることで見分けることができます。(ナルコユリの茎は丸くなっています。)