オランダガラシ

トップ > アブラナ目 > アブラナ科

 「オランダガラシ」は北海道から沖縄にかけて分布するアブラナ目アブラナ科の多年草です。本種はフランス語で「クレソン」と言い,ヨーロッパ原産の帰化植物であり,日本には明治の初めに在留外国人の野菜として導入されました。
 抽水植物もしくは沈水植物であり,繁殖力は極めて旺盛であり,切った茎からも容易に発根します。草丈は30cmから50cmで,葉は奇数羽状複葉で小葉は卵形から楕円形をしています。花期は4月から6月で茎の先端に白い花を多数咲かせます。