イヌワラビ

トップ > ウラボシ目 > イワデンダ科

 「イヌワラビ」は北海道から沖縄にかけて分布するウラボシ目イワデンダ科の夏緑性シダ植物です。低地から山地の道端や林縁などで見ることができ,葉の長さは30cmから50cmになります。
 根茎は地中を這い,葉は根茎から輪生します。葉は長い柄があり基部に茶褐色の鱗片がつきます。葉軸や羽軸は紅紫色を帯びることが特長です。