コウヤワラビ

トップ > ウラボシ目 > コウヤワラビ科

 「コウヤワラビ」は北海道から(四国を除き)九州にかけて分布するウラボシ目コウヤワラビ科の夏緑性シダ植物です。沼地や水田の畦など日当たりがよく湿った場所で群生しているのを見ることができます。
 栄養葉と胞子葉をつけますが,栄養葉はは葉面が広く独特な形をしています。名前の由来は和歌山県の高野山で見られたところからつけられましたが,実際には高野山では自生していません。