クサボケ

トップ > バラ目 > バラ科

 「クサボケ」は本州から九州にかけて分布するバラ目バラ科の落葉小低木です。日本固有種であり,日当たりの良い林縁や斜面などに自生し,樹高30cmから1mくらいになります。  幹は基部からよく枝分かれして,下の枝は地面につきながら横に伸びていきます。葉は短い枝に輪状についたり,長い枝に互生したりします。花期は4月から5月で,赤橙色の5枚の花弁を持った花を咲かせます。