オオバタネツケバナ

トップ > アブラナ目 > アブラナ科

 「オオバタネツケバナ」は北海道から九州にかけて分布するアブラナ目アブラナ科の越年草です。丘陵地や山地の渓流沿いなどで見ることができ,草丈20cmから50cmくらいになります。
 葉は奇数羽状複葉で,先端の頂小葉が大きく,側小葉は1対から4対あります。花期は3月から6月で,白い小さな花をたくさん裂かせます。
→オオケタネツケバナ

 本種は「オオケタネツバナ」に似ていますが,オオケタネツケバナの側小葉に粗い鋸歯があるのに対し,本種は鋸歯がありません。