ハイイヌガヤ

トップ > マツ目 > イチイ科

 「ハイイヌガヤ」は北海道から本州日本海側に分布するマツ目イチイ科の常緑低木です。落葉広葉樹林の林床に生育し,樹高は1mから2mになります。
 イヌガヤの変種で,多雪地帯に適応して幹の下部は地を這い,枝は斜上します。花期は4月から5月で,雌雄異株であり雄花は黄色で雌株は緑色をしています。種子は秋に熟し,食用できます。(写真のものは雄株です。)