ナガミヒナゲシ

トップ > キンポウゲ目 > ケシ科

 「ナガミヒナゲシ」は北海道から九州にかけて分布するケシ目ケシ科の一年草です。地中海から中欧が原産で,日本では1961年に東京で確認されました。
 アルカリ性土壌を好むためコンクリートによってアルカリ化した路傍などに繁殖するほか,畑地や牧草地でも見ることができます。草丈は15cmから60cmくらいになり,茎には剛毛が生え,葉は細かく切れ込みます。花期は4月から5月で,紅色からオレンジ色の4弁の花を咲かせます。本種はアヘンの原料となるアルカロイドを含んでおらす,規制はされていません。