ユキヤナギ

トップ > バラ目 > バラ科

 「ユキヤナギ」は本州関東地方から九州にかけて分布するバラ目バラ科の落葉低木です。自生種は川沿いの岩場などで見ることがありますが,一般的には公園や庭園などに植栽され,樹高1mから2mになります。
 株元から枝をたくさん出し,長くしなやかに枝垂れるのが特徴です。花期は3月から4月で,白い花が枝を覆うようにたくさん咲きます。名前の由来は,満開時には枝全体が雪をかぶったように見えるところから名付けられました。

 枝全体を覆うように白い5弁の花をたくさん咲かせます。