ミヤマシキミ

トップ > ムクロジ目 > ミカン科

 「ミヤマシキミ」は本州関東地方から九州にかけて分布するムクロジ目ミカン科の常緑低木です。主に低山地から山地で見ることができ,樹高1mから1.5mになります。
 樹皮は灰色で,若い枝は緑色をしています。葉は倒卵状長楕円形で光沢があり,互生しますが,枝先に集まってつくために束生しているように見えます。花期は4月から5月で,枝先に円錐花序をつけて白い小さな花を多数咲かせます。花後には実を付け,秋から冬にかけて赤く熟します。本種は有毒であり,実を誤食すると嘔吐や痙攣などを起こします。