ヒイラギナンテン

トップ > キンポウゲ目 > メギ科

 「ヒイラギナンテン」は中国南部から台湾原産のキンポウゲ目メギ科の常緑低木です。日本には江戸時代初期に渡来し,各地で植栽されています。
 樹高は1.5mから2mで,葉は奇数羽状複葉で互生します。小葉は硬く光沢があり,柊の葉に似ています。花期は3月から4月で,長い花穗に黄色い花を多数咲かせます。

 花の様子と,葉の様子です。
 葉は奇数羽状複葉で,光沢があり,ヒイラギの葉によく似ています。