センボンヤリ

トップ > キク目 > キク科

 「センボンヤリ」は北海道から九州にかけて分布するキク目キク科の多年草です。山地や丘陵地の明るい林床に生え,春と秋に花を咲かせます。
 根出葉がロゼット状に発達し,葉の形は倒卵状長楕円形になります。写真のものは春型の花ですが,4月から6月頃に,花茎は10cmくらいで花の縁に白い舌状花をつけます。秋型の花は9月から11月頃に花茎が30cmから60cmくらいになり,その先に閉鎖花で筒状花をつけます。

 下の写真は葉の様子です。全体に細かい白い毛が生えています。