コケイラン

トップ > キジカクシ目 > ラン科

 「コケイラン」は北海道から九州にかけて分布するキジカクシ目ラン科の多年草です。標高の高い湿り気のある林内に生育し,草丈30cmから40cmになります。
 地下にある偽球茎は卵形から卵球形をしており,そこから1枚から2枚の葉をだします。花期は5月から7月で,花茎は直立し,総状花序に多数の黄褐色の花を咲かせます。

 花はガク片と側花弁は黄褐色で,唇弁は白色をしています。