ヒヨクヒバ

トップ > マツ目 > ヒノキ科

 「ヒヨクヒバ」はマツ目ヒノキ科の常緑小高木で「サワラ」の園芸品種です。東北地方南部から九州にかけて公園や庭園などに植栽されています。
 樹高は3mから10mで,樹形は広円錐形になります。細い枝は長く伸びて下垂します。葉は鱗状で先は尖ります。花期は4月頃で,雄花は小さい楕円状で褐色で,雌花は小さい松笠状で淡褐色をしています。