シラカシ

トップ > ブナ目 > ブナ科

 「シラカシ」は本州の東北地方南部から九州にかけて分布するブナ目ブナ科の常緑高木です。主に東日本の照葉樹林帯で見ることができ,樹高20mになります。
 樹皮は黒く,葉は長楕円形で厚みがあり互生します。花期は4月から5月で,雄花は尾状花序で黄褐色をしており,雌花は数花を上向きにつけ,花後には秋に「ドングリ」をつけます。伐採直後の材が白色をしていることが名前の由来になっています。