ウラジロガシ

トップ > ブナ目 > ブナ科

 「ウラジロガシ」は宮城県・新潟県から沖縄にかけて分布するブナ目ブナ科の常緑高木です。低地から山地の尾根や渓流沿いなどで見ることができ,樹高20m程度になります。
 樹皮は灰色から暗褐色で滑らかです。葉は長楕円形から披針形で,葉の裏が粉白色をしていることが名前の由来になっています。花期は5月から6月で,雄花序は新枝の基部から下垂し,雌花序は新枝の上部の葉腋につきます。(写真のものはまだ花を咲かせていません。)

 葉の裏は白色をしています。

 幹の様子です。