トガクシショウマ

トップ > キンポウゲ目 > メギ科

 「トガクシショウマ」は本州北部から中部の日本海側に分布するキンポウゲ目メギ科の多年草です。日本固有種であり,落葉広葉樹林の林床に生育し,草丈は30cmから50cmになります。
 節の多い地下茎を伸ばし,その先端から茎を伸ばして直立します。葉は3出複葉で長い葉柄があります。花期は5月から6月で,淡紫色の花を数個下向きに咲かせます。長野県の戸隠山で最初に発見されたことが名前の由来になっています。
 本種は「トガクシソウ」とも呼ばれます。