タチカメバソウ

トップ > ムラサキ科

 「タチカメバソウ」は北海道から本州にかけて分布するムラサキ科の多年草です。山地の薄暗く湿った林内などで生育し,草丈は20cmから40cmになります。
 茎は細長く柔らかで直立し,葉は卵形から広卵形で互生します。葉柄は上部のものは短く下部のものは長くなります。花期は5月から6月で,茎の先に2又になる花序をつけ,白い花を咲かせます。名前の由来は茎は直立し葉が亀の甲羅に似ているところからつけられました。