ヒトツボクロ

トップ > キジカクシ目 > ラン科

 「ヒトツボクロ」は本州から九州にかけて分布するキジカクシ目ラン科の多年草です。丘陵地から山地の明るい林床に生育し,花茎の高さは20cmから30cmになります。
 地下には球茎があり,その球茎から1枚の葉をつけます。葉は卵状楕円形で,表面は光沢のある濃緑色で中脈が白色をしています。花期は5月から6月で,花茎は細く,淡黄緑色の花をまばらにつけます。

 葉は卵状楕円形で1枚だけつけます。