マユミ

トップ > ニシキギ目 > ニシキギ科

 「マユミ」は北海道から九州にかけて分布するニシキギ目ニシキギ科の落葉低木です。丘陵地から山地の林縁などに見られ,樹高3mから5mになります。
 樹皮は灰白色で老木になると縦に裂け目が入るようになります。葉は長楕円形で葉脈がはっきりして,縁には鋸歯があり対生します。花期は5月から6月で集散花序を出し,淡緑色の小さな花を咲かせます。秋には淡紅色の果実を付け,熟すと4裂して種子が顔を出します。