カンボク

トップ > マツムシソウ目 > レンブクソウ科

 「カンボク」は北海道から本州中部にかけて分布するマツムシソウ目レンブクソウ科の落葉小高木です。山地の林内や林縁などのやや湿り気のある場所に生育し,樹高は5mから7m程度になります。
 葉は変異がありますが,通常3裂して先端は尖り,対生します。花期は5月から7月で,散房花序を出し,中心部には両性花があり,その周辺に装飾花が咲きます。