イヌムギ

トップ > イネ目 > イネ科

 「イヌムギ」は北海道から九州にかけて分布するイネ目イネ科の多年草です。南アメリカ原産であり,日本には明治時代の初めに牧草として渡来し,現在では乾燥した草地や道端などで見ることができます。
 草丈は50cmから100cm程度で,茎葉直立して叢生します。葉は広線形で先端は尖ります。花期は4月から6月で,茎の先端に円錐花序を出し,節から枝を伸ばして,それぞれに疎らに扁平の小穂をつけます。