カラタチ

トップ > ムクロジ目 > ミカン科 > ミカン属

 「カラタチ」はムクロジ目ミカン科ミカン属の落葉低木です。中国が原産であり,日本には8世紀頃に伝わったといわれ,暑さや寒さに強いので北海道西南部から沖縄まで植栽されています。
 樹高は2mから4m程度になり,枝には稜があり,鋭い棘があります。葉は3小葉で葉柄には翼があり,互生します。花期は4月頃で5弁の白い花を咲かせます。秋には黄色い実をつけますが酸味と苦みが強いので食用には向きません。名前は「唐橘(からたちばな)」が由来になっています。