ジュウモンジシダ

トップ > ウラボシ目 > オシダ科

 「ジュウモンジシダ」は北海道から九州にかけて分布するウラボシ目オシダ科の夏緑性シダ植物です。林内や渓流周辺の湿った場所などに生育し,冬は地上部は枯れてしまいますが,暖地では常緑となります。
 葉身は20cmから50cmで,基部から両側に一対の軸がほぼ直角に伸びます。中央の主軸は長く伸び,全体が単羽状複葉で羽片は全体に細長く葉身の先端方向へ曲がり縁には鋸歯があります。

 葉身の基部が十字型をしていることが名前の由来になっています。