ヒカゲツツジ

トップ > ツツジ目 > ツツジ科

 「ヒカゲツツジ」は関東地方から九州にかけて分布するツツジ目ツツジ科の常緑低木です。日本固有種であり,山地や川岸の岩場などに自生し,樹高は1mから2mになります。
 葉は長楕円形で一般のツツジより大きくて長い形をしており,枝先に互生します。花期は4月から5月で,枝先に淡黄緑色の花を咲かせます。本種は「サワテラシ」の別名があります。