マツバトウダイ

トップ > キントラノオ目 > トウダイグサ科

 「マツバトウダイ」はヨーロッパ原産のキントラノオ目トウダイグサ科の多年草です。日本への渡来時期は不明ですが,ハーブとして流通しているほか,観賞用として各地で植栽されています。また逸脱したものが草地や道端などで見られることもあります。
 草丈は30cmから50cm程度で束生し,葉は線形で密に互生します。花期は5月から7月で,茎頂にトウダイグサ特有の杯状花序をつけます。名前は葉の形状を松葉に喩えてつけられました。