ケヤキ

トップ > バラ目 > ニレ科

 「ケヤキ」は本州から九州にかけて分布するバラ目ニレ科の落葉高木です。丘陵部から山地に自生するほか,街路樹や庭木などに利用されています。
 樹高は10mから25m程度になり,樹形はきれいな扇形をしています。葉は卵形から卵状披針形をしており,縁には鋸歯があり,互生します。本種は木目が美しいため家具や建築用材として古くから用いられてきました。

 樹形はきれいな扇形をしています。