コンロンソウ

トップ > アブラナ目 > アブラナ科

 「コンロンソウ」は北海道から九州にかけて分布するアブラナ目アブラナ科の多年草です。山地の林縁や渓流沿いの湿った場所などに生育し,草丈は30cmから70cm程度になります。
 葉は奇数羽状複葉で,小葉は5個から7個で長楕円形から披針形で,縁には鋭い鋸歯があります。花期は4月から6月で,茎の上部に総状花序をつけ,白い花を多数咲かせます。

 葉は奇数羽状複葉をしています。